主 日 礼 拝

 主日 礼 拝 

毎週日曜日 午前10時30分       
 ・第1日曜日: 聖餐式を行います
 ・第3日曜日: 伝道礼拝として守ります

  過去の礼拝説教

 礼拝の意味 

礼拝とは、わたしたちの全生活の中心事であり、わたしたちが自分自身を 喜んで神さまに捧げることです。なぜなら、わたしたちは神さまによって造 られ、愛され、導かれ、生かされているからです。礼拝において、神さまを ほめたたえ、感謝し、わたしたちに語りかけられているみ言葉を聞くのです。 そのみ言葉を通して、何が神さまのみ旨であるか、何が真実であり、何が偽 りであるかを示されるのです。

礼拝において、わたしたちは救い主であるイエス・キリストに出会い、 わたしたち一人一人の生きる根拠や意味が何であるかを教えられるのです。 また、礼拝は自分たちだけのために守るものではありません。礼拝において すべての人々のためのとりなしを祈るのです。この世にあって悩み苦しむ人 々のために祈るのです。そして、すべての人々に神の祝福があるようにと祈 るのです。

わたしたちは、礼拝を通して、神さまと共に、隣人と共に、愛と真実と をもって生きる希望と力を与えられるのであり、そこに礼拝のもつ重要な意 味があります。


礼拝の守り方

1)
礼拝は、定刻にオルガンの奏楽で始まります。
少なくとも、5分前までには礼拝堂に入ってください。
受付にて、週報・献金袋・礼拝記名カードをお渡しします。
献金の額は自由ですが、礼拝前に袋に入れてご用意ください。

2)
礼拝には、聖書・讃美歌が必要です。
教会には備え付けのものがあり利用できます。
礼拝の順序は週報に記されています。事前に目を通すとよいでしょう。

3)
奏楽が終わったら、ご起立ください。
また、讃美歌を歌う時、献金を捧げる時など、 この他にも起立をお願いすることがあります。
礼拝の中心であるみ言葉の説教の時は特に集中が求められます。 そのためにも、礼拝は静かに守って下さい。
最後に祝福を受けてから、黙祷します。

4)
礼拝の後、5〜10分程度の報告があります。


第3週は伝道礼拝


毎月、第3の日曜日は、伝道礼拝として守っています。それは、 聖書のみ言葉をはじめての方がお聞きになっても分かるようにとの配慮のも とに、守られている礼拝です。

はじめて礼拝に出席しようとされる方は、この伝道礼拝にまず出席され ることをおすすめします。また、その後にコーヒー・ブレイクがあり、教会 のことについていろいろ質問することのできる時間もあります。

 ***   礼拝後の集まり   ***
第1週には、壮年会(毎月)と婦人会(奇数月)の集会があります。
第3週には、青年会と高校生会の集会があります。
また、
第3週は来会者の交わりを目的としたコーヒー・ブレイク
があります。
これらの集まりはどなたでも参加できます。参加を歓迎いたします。