マルコによる福音書11章からは主イエスの最後の一週間、いわゆる受難週の記事が始まります。その冒頭を飾るのが、主イエスのエルサレム入りの場面です。非常に印象的な光景が展開されます。主イエスはろばの子に乗って町に入られるのです。そうすることによって、主イエスは何を宣言されたのでしょうか。

 主イエスはエルサレムのすぐ近くに来られたとき、二人の弟子たちに、「向こうの村に行きなさい。村に入ったらすぐに子ろばが見つかるから、それを連れてきなさい。もし誰かにどうするつもりかと尋ねられたら、『主がお入り用なのです』と答えたらよい」と言われました。彼らが主イエスの命令を受けて出かけると、果たして主の言われたとおりに、村の表通りの戸口のところにろばの子がつながれていたので、それを連れていくことにしました。そこに居合わせた人が、「どうするのか」と言ったので、主イエスに教えられたとおりに話すと許してくれたというのです。すべて主イエスが言われたとおりに事が運んでいきました。彼らは主イエスの言われた言葉通りに行動し、不思議にも道が開かれていくことを経験することができました。私たちもそのような経験ができれば幸いです。

「主がお入り用なのです」という言葉は「主が必要としておられる」という言葉です。この言葉は私たちが自分勝手に振り回わすべき言葉ではないでしょう。けれども、主が今この私を必要としておられるのではないかということを、たえず心に留めておきたいものです。
 都の人々や後をついてきた人々はどんな風に主イエスを歓迎したのでしょうか。二人の弟子は自分たちの服を子ろばにかけ、そこに主イエスに座っていただき、周りの人々は自分たちの服を道に敷き、あるいは野原から葉のついた枝を切って来て道に敷いたとあります。ここでも、主イエスが王になろうとしておられること、主イエスは王として迎えられていることがあらわされています。主イエスは私たちの王なのです。うっかりすると、私たちは「主」イエスと呼びながら、主に聴き従うのではなく、主は私を助け、私に仕えてくれる方というだけになっているのではないでしょうか。すなわち、自分が中心で、自分のことはしっかり確保した上で、自分の都合に合わせて、主イエスを呼び出し、来ていただこうとしてはいないでしょうか。しかし、信仰を持つということは、自分の生活の中で主権の交替がおこることです。主イエスを自分の全生活における王として迎えることです。上着を敷いてその上を歩いていただくように、自分の持てるものを差し出して、主イエスに来ていただき、その支配を喜び服するのです。

 それにしても、ろばの子に乗って都に入っていかれる主イエスのお姿は、何とも奇妙な光景でした。当時、戦いを終えて凱旋する王は、勇ましい軍馬にまたがって都に戻ってきたものです。戦いに出て行く王は、やはりよく訓練された駿馬に乗って出発したのです。それに比べ、まだ誰ものせたことのない子ろばというのはあまりにも小さく無力です。ろばはたいへん重宝されていた動物です。小さな体のわりに重い荷物を背負って運んでくれる力持ちだからです。ただしそれは平和時のものであって、戦争に役立つものではありませんでした。
 主イエスという王は、エルサレムやその背後にあるローマの権力を、武力をもって滅ぼし屈服させるために来られた方ではありません。子ろばが体に余るほどの荷物を担いで歩く姿は、主イエスの柔和さを象徴しています。父なる神のみこころに従い、人々を愛し、仕えていかれた主イエスの御業を指し示しています。

 もっとも、平和の王であり柔和な方である主は、いっさいの戦いから手を引かれたわけではありません。マルコによる福音書は、この段落の最後に、その日、主イエスがそのままエルサレムで泊まられたのではなく、まず神殿の境内を見て回られた後、再びベタニアに出ていかれたことを記しています。壮麗な神殿があり、そこで多くの犠牲が捧げられていても、真実の信仰も祈りも欠けていたエルサレムから距離をおかれたのです。エルサレムの都とご自身の家であるべき神殿に、輝かしいゴールに入るように入られたのではなく、まさにここで神の民の神から背き離れた姿を直視し、そのような人間の罪との苛烈な戦いの場へと向かっていかれるのです。

 子ろばが重い荷物を背負ってよろよろとなりながら歩くのとは比べものにならない重荷を負って、主イエスの歩みは続きます。主イエスはご自身の負われたその荷を振り落として逃げることはなさらず、ゴルゴタの丘への道を歩んで行かれます。十字架の重み、その耐え切れない重さは、神の審きを受けるべき私たち人間の罪の重さでした。主イエスはその重荷を担い、私たちに代わって神の審きを受け、私たちが罪の力に押しつぶされて死ぬことがないように、その身を投げ出してくださったのです。主イエス・キリストは人間の罪とそれがもたらす死から私たちを救い出す全権をもった王となってくださったのです。

 「ホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように」。ホサナとは、「どうかお救いください」という言葉です。沿道の歓呼する群衆にとっては「万歳」という程度の意味であったかもしれません。しかし、ろばの子に乗ってエルサレムに入られた主イエスは、私たちすべての人間の「お救いください」という叫びに、本当の意味で答えてくださったのです。人々の叫びは、十字架と復活によって成し遂げられた主の勝利の叫びの先取りでした。私たちは、十字架において私たちのために戦い、私たちのために勝利してくださった王、平和の主であるお方を、お迎えして歩むのです。 
 

 2011年11月6日(日) 礼拝の礼拝説教(要旨)

 聖書 マルコによる福音書11章1〜11節
 「平和の主の到来」 高松牧人牧師