この箇所で、主イエスの救いにあずかるのは、一人の耳が聞こえず舌のまわらない人です。出来事の場所は、ガリラヤ湖東岸デカポリス地方という異邦人の土地です。そんなところで、どうして主イエスの周りに集まってくる人たちがいたのか、ひょっとすると、マルコ5章に報告されている汚れた霊から解放されたゲラサ人が、主イエスの教えどおりに家に帰って、自らの身に起こった出来事を周りの人々に伝えたことがきっかけになったのかも知れません。
 いずれにせよ、この人は自分ひとりでは主イエスのことを聞くこともできず、主イエスに訴えることもできません。周りの仲間たちがその人を連れてきたのです。人々は主イエスに「その上に手を置いてくださるように」と願ったのです。人々は、主イエスが来られたのを知ったとき、自分が行くだけではなく、耳が聞こえず舌が回らないこの人を何とか主イエスのもとに連れて行って、主イエスに触っていただこうと思ったのです。こうした仲間たち、彼の耳となり、口となる人たちがいて、救いの出来事が起こったのです。人々のとりなしの努力なしには救いの出来事は起こらないのです。
 主イエスは私たちの病める現実の中に立ってくださいます。主イエスは預言者イザヤが言ったように、私たちの病を担い、私たちの痛みを負う救い主として、地上の日々を歩まれました。だから、私たちの病める現実が主イエスと出会う機会となるのです。日ごろ高慢で自分勝手な私たちは、貧しく低くなってきてくださる神に気づかず、また神を必要としないで過ごしていますが、病を得、心と身体の弱さを覚えるところで、ようやく私たちは神の真実に気づかされるのではないでしょうか。そして、教会は病める人々を主イエスのもとに連れてくる働きをするために、地上に集められているのです。自分たちが健やかだからとか、人を癒し助けてあげられるからというのではなく、自分たち自身の病と弱さを知る者として、そんな自分たちを癒してくださった主イエスを指し示し、紹介していくのです。
 主イエスの振舞いに注目してみましょう。「イエスはこの人だけを群衆の中から連れ出し、指をその両耳に差し入れ、それから唾をつけてその舌に触れられた。そして、天を仰いで深く息をつき、その人に向かって、『エッファタ』(開け)と言われた」(33〜34節)。一つの癒しの奇跡が行なわれます。けれども、ここに記された主イエスの振る舞いはとても素朴で、いささか原始的というか、あまり洗練された格好のよいものではありません。しかし、ここに主イエスが一人の病める人に真剣に関わり、全身を傾け、力を尽くして仕えられるお姿がよくあらわされているのではないでしょうか。
 主イエスがこの人と一対一になって、指を両耳に差し入れ、唾をつけてその舌に触れられたことは、その人とつながり、一つになろうとしておられる行為です。それと共に主イエスは天を仰がれます。これは、この現実を打ち破る力が天の神から与えられる以外にないということを示しています。そして深く息をつかれます。この深い息は、「ため息」(口語訳)ですが、ああ疲れたとか、面倒だと思うため息ではありません。ここに使われている単語は、「うめく」とか「苦しみもだえる」とか「嘆く」と訳されている言葉です。「被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっている」、「わたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます」(ローマ8:22、23)という風に使われています。私たちの生きている現実がこのように描かれています。
 主イエスは、ひとりの人と徹底的に連帯し、その人のうめきと嘆きを共にしておられるのです。この世界に、神の御心にかなわない現実があり、人間の痛みと苦しみと悲しみがあることを、私たちの一人としてうめき嘆いておられるのです。そのうめきの中から「エッファタ」と言われるのです。これは、決して訳のわからない呪文の言葉ではありません。アーメンとかアッバとかいった印象的な言葉が、原語のまま今日にまで伝えられたのと同じように、エッファタも人々の心に深く刻まれたのでしょう。閉ざされた世界から解放されるようにと、主イエスは全力を傾けて祈られたのです。
 主イエスの全力を注ぎだしての奉仕は、この時この人に対してだけではありません。私たちを罪と死の力に閉ざされたところから解放するために、主イエスはご自身の力を傾注し、苦難と十字架の道へと進まれたのです。さらに私たちは、聖霊が「言葉に表せないうめきをもって執り成してくださる」(ローマ8:26)ことを知っています。祈る私たちに、主イエスは深い息をもって関わってくださるのです。
 主イエスの存在をかけた祈りと奉仕があって、ひとりの人の耳が開かれ、舌のもつれが解け、その人は新しい出発をすることができました。ところで、主イエスは人々に、誰にもこのことを話してはいけないと口止めされました。どうしてなのでしょう。それは、主イエスがただ奇跡行為者としてもてはやされ、癒された人が興味の対象になったり、宣伝の道具となったりすることを避けるためではなかったのでしょうか。ただ驚くべきことが吹聴されるだけでは、主イエスの一人の人と関わる愛と真実が証されることはないからです。
 私たちの一人となって、私たち一人ひとりと真実に関わってくださる主イエス・キリストがおられます。このお方をしっかりと受け止めたいものです。そして、私たち自身が正しく主を証しし、讃美することができるように、「主よ、わたしの唇を開いてください」(詩編51:17)と祈りつつ歩みたいものです。


 

 2011年5月1日(日) 礼拝の礼拝説教(要旨)

 聖書 マルコによる福音書7章31〜37節
 「主イエスの深い息」 高松牧人牧師