マルコによる福音書に記された一人の異邦人女性の信仰に見倣いたいと思います。彼女は「ギリシア人で、シリア・フェニキア生まれであった」とあります。シリア・フェニキア地方の中心地ティルスは古くから貿易で栄えた地中海岸の町で、ガリラヤから北西数十キロほどのところにありましたが、そこはもう異邦人の地域でした。彼女には、汚れた霊にとりつかれた幼い娘がいたとあります。何らかの難病に苦しむ子どもを抱えていたのです。彼女は、噂に聞く主イエスが自分たちの町に来ておられることを知り、この機会を逃してはならないと必死の思いでやってきて、ひれ伏し懇願したのでした。
 しかし、この時の主イエスの反応は予想以上に冷たいものでした。「まず、子どもたちに十分食べさせなければならない。子供たちのパンを取って、小犬にやってはいけない」(27節)。これまで福音書を読んできて、主イエスの愛と力に満ちた御業と御言葉を聞いてきた者として、このような主イエスのお言葉をどう読んだらよいのでしょうか。ここに来て、主イエスはどうしてこんな冷たくつれない言葉を発せられるのでしょうか。まるで門前払いです。「犬」は、しばしばユダヤ人が異邦人をさして軽蔑的に使うことがあったようです。もっともここでは「小犬」ということで表現がやわらげられてはいます。それでも、ユダヤ人を子どもに、異邦人を小犬にたとえておられることは間違いありません。主イエスは、私の心はイスラエルの救いのことだけに向いているのだと言われるのです。
 このとき主イエスは、いわばお忍びでこの町に来ておられました。そして、この答えによっても主イエスは御自分を隠しておられます。彼女は今ご自身を隠しておられる主の御言葉にぶつかったのです。御自分を隠しておられる神、あるいは不可解な神がおられます。神に拒絶されたようなとき、神がやさしくも恵み深くも感じられないときがあります。彼女は必死の思いですがった主イエスの前で突き放されます。なんとつらいことでしょうか。もし、私たちならどうするでしょうか。激しく腹を立てるかもしれませんし、やっぱりダメかとふてくされ、あきらめて、引き下がるかもしれません。
 ところが、ここからが注目すべきところです。彼女はカッと頭にきて、主イエスとの関係を断ち切ったり、すごすごと帰っていったりはしないのです。彼女は踏み留まり、主イエスの言われた言葉を思いめぐらします。主イエスの言われた「まず」という言葉も、「小犬」と言う言葉も聞き逃さないのです。そして、主イエスの言われたその光景をしっかりと思い浮かべるのです。食卓で子どもたちがパンを食べている。小犬がいて食べ残しのエサをもらえるのを待ってうずくまっている。その情景を思いめぐらしながら、彼女はハッと光を見出したのです。「主よ、しかし、食卓の下の小犬も子供のパン屑はいただきます」(28節)。すばらしい発見です。機知に富んだ見事な応答です。
 彼女は、まず自分が一人の異邦人でしかなく、主イエスから子どもと呼ばれる資格がないことを素直に認めます。その上で、小犬でも零れ落ちるパン屑ならいただいてよいではないか、と考えるのです。それによって、彼女は主イエスに対して、あなたの恵みはイスラエルの人々に与えてもなお余りあるほど大きいのではないですか。あなたの恵みは、食卓から零れ落ちるほど豊かにあるはずではないですか、主イエスに対する信頼を言い表すのでした。
 なぜそんな風に言葉を返すことができたのでしょう。どこまでも真剣に、落ち着いて、謙虚に主の言葉を聞いたからです。落ち着きの中から、徹底的にへりくだりつつ、大胆な信頼を言い表すのです。そこから新しい世界が見えてきます。救いの道が開けてくるのです。宗教改革者ルターは、この女性の話が好きであったといいます。それは彼女の態度が、神との祈りの格闘をよく表しているからでしょう。生涯戦いの中を生き、神に訴え続ける日々において、主の祝福をついに引き出した彼女の話は、ルターに励ましと慰めを与えたのです。
 主なる神さまに食い下がるような祈りということで思い起こすのは、創世記32章のヤコブの話です。長く異邦の地で苦労を重ねたヤコブは、妻や子供たち財産をもって故郷の地に帰ってきます。しかし、若き日々巧みに悪賢く兄や父をだました罪の数々を思い起こさずにおれません。兄エサウはどうしているのか、その怒りは解けているのか、復讐を受けて滅ぼされるのではないか、そんな不安と思い煩いの中、彼はヤボク川の渡しで、自分の前に立ち現れた神の使者とおぼしき人と格闘しました。ヤコブは、私を祝福するまではあなたを離しませんとすがりつき、ついに、祝福を勝ち取ったのでした。主イエスの恵みをいただくまではひきさがらなかったこの女性はさながら新約のヤコブということができるかもしれません。
 「それほど言うなら。よろしい。家に帰りなさい」(29節)。いろいろな訳が試みられています。「その言葉で十分である」(口語訳)、「そうまで言うのですか」(新改訳)、「そう言われてはかなわない」(佐藤研訳)、「その言葉が聞きたかったのだ」(柳生直行訳)。原文は簡潔に言葉が並んでいて、直訳するとただ「その言葉によって行け」です。それは、あなたの言ったその言葉、つまりその信仰によって行けばよい、というのです。そして、「女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた」(30節)のです。
 彼女は一見完全に否定されたような言葉の中に神の肯定を見ました。主イエスの言葉から神の恵みが零れ落ちるのを見たのです。私たちは、主イエスを説得したこの異邦人女性の信仰に倣いたいのです。願いがなかなか聞き届けられないと思うときにも、厳しい試練の中にあって神のみこころが分からないときも、忍耐強く神の助けを祈り求め、御言葉を思いめぐらし、その試練と困難の中に、私たちを愛してくださる神の恵みを、神の隠された「然り」を聴きとっていきたいのです。

 

 2011年3月20日(日) 礼拝の礼拝説教(要旨)

 聖書 マルコによる福音書7章24〜30節
 「ある異邦人の信仰」 高松牧人牧師