新約聖書には、信仰者の生き方を運動競技にたとえたところがいくつかありますが、ヘブライ人への手紙も12章冒頭で私たちの信仰生活を長距離走にたとえています。「すべての重荷と絡みつく罪をかなぐり捨てて、自分に定められている競走を忍耐強く走り抜こうではありませんか。信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら」(12:1b〜2a)。この御言葉を私たちはことしの主題聖句に掲げることにしました。昨年牧師の交替という大きな出来事を経験した私たちが、これまでに育てられ養われてきた信仰をしっかりと受けとめ確認しながら、これからの時代に向かって、その信仰を生き生きと継承していく群れを形つくっていきたいと願って選んだものです。主が、私たち一人ひとりを用いて、信仰継承の業を進めてくださるのですから、私たちはそのような主への信頼を堅く持って、主のお姿を見つめつつ、自分に与えられた信仰の道を走り抜いていきたいものです。
 この箇所はすぐ前の11章の書かれている内容を受けています。11章は、ヘブライ書の中でも有名な箇所ですが、旧約聖書の創世記からはじまって、イスラエルの歴史の中で、信仰によって生きた証人たち、この世での繁栄や名誉に望みをおかず、目に見えない神さまをいつも見上げ、天の故郷をめざして忍耐強く歩み続けた人たちのことを数え上げているところです。ノア、アブラハム、モーセらが出てきます。信仰の先輩たちのことを列挙するのは、先祖の偉業や系図を誇るためではなく、信仰をもって生き、キリストの教会につながって歩んでいる者たちを励ますためにほかなりません。先輩たちの信仰が完全であったとか、完成されたものであったとか言うのではないのです。彼らはあくまで来るべきお方を待ち望みつつ生きてきました。今や彼らが待ち望んでいたもの、神が約束しておられた救い主が来られ、そのお方に出会うことができたのです。
だから、私たちも先輩たちの信仰にならい、キリストのゆえにいっそう大胆に、信仰の歩みを進めようではないかというのです。救い主が来られ、救いの御業は成し遂げられたのです。勝利の主が先立っていてくださるのです。したがって、この競走はもはや勝つか負けるか、救われるか滅びるか分らない競走ではありません。主イエスがすでに勝利を約束してくださっている競走なのです。
 そして、この競走はふつうの運動会の競走、あるいはまた競争社会と言われる現代社会を生き抜く猛烈な生き方とはまったく様子のちがうものです。ここにあるのは、誰もが他の人たちを抜いて先に出ることだけを考えて競い合う競走ではなく、一人ひとりがみな勝利を目指して走るのです。さらに、この競走は一人一人といっても、決して独りぼっちの孤独な戦いではありません。教会という互いに励ましあう群れが与えられているのである。しかも、いにしえの父祖たちからはじまって、天にある信仰の先輩たちも私たちを取り囲んで声援を送ってくれるのです。私たちは教会のことを「キリストのからだ、神に召された世々の聖徒の交わり」と告白しますが、そのような教会の交わりの中で走るのです。
 競走を最後まで走りぬくためには、たえず走りやすいようにする注意と工夫が必要です。そこで「すべての重荷と絡みつく罪をかなぐり捨てて」と勧められています。信仰生活をすればするほどさまざまな悪魔の誘惑が忍び寄ってくるのを覚えます。世のわずらいが私たちを悩み惑わせます。私たちの信仰の走りと重たくするもの、あるいはもう走るのをやめてもよいのではないか、こんなに走っても無駄ではないかとささやく声が聞こえてきます。しかし、そんな誘惑を振り捨てることが求められています。弱気になり、挫けそうになって、もう止めてしまいたくなるとき、「忍耐強く」ということが大切です。この手紙は信仰生活にとって、いや人間として生きることにおいて一番大切なのが忍耐であるということをよく知っているのです。
 信仰の走りの中でもう一つ何よりも重要なのは、走りながら何を見ているか、どこに視点を定めているかということです。競技場内のトラックでは自分のコースを見失うことはまずないでしょう。マラソンでも見張りの人たちがたくさんいるので、コースをはずれることはまずないといってよいでしょう。ところが、長い生涯かけての信仰の競走では、自分の道が見えなくなり、行くべき方向が分らなくなることしばしばです。けれども私たちには、道を踏み外すことなく目標にまで正しく導いてくださるお方がおられるのです。信仰の創始者また完成者であるイエスです。このお方は私たちと一緒に走ってくださるとともに、私たちの信仰を完成に向けて責任をもって導いてくださる方です。
 イエスを見つめるとは、復活し勝利された主の栄光のお姿を思うだけではありません。そこにいたるまでの十字架への道を歩まれたお姿をも思い起こすことが大切です。地上の主イエスのことが、「御自分に対する罪人たちのこのような反抗を忍耐された方」と書かれてあります。この罪人たちとは他ならない私たち自身です。しかし、主イエスはそのように頑なで、反抗的で、悟り鈍い私たちに、怒りをぶつけられるのではなく、あきれ果ててお見捨てになるのでもなく、じっと忍耐し、受けとめていてくださいます。
 「気力を失い疲れ果ててしまわないように」と書き添えられています。これはこの手紙が書かれたときの教会の状況であったに違いありません。それはまた、私たちを繰り返し襲ってくる危機です。けれども、私たちの信仰の走りを完成してくださる主イエスがおられます。このお方から目を離さず、このお方の招きにお応えしていきたいものです。

 

 2011年1月2日(日) 新年礼拝の礼拝説教(要旨)

 聖書 ヘブライ人への手紙12章1-3節
 「イエスを見つめながら」 高松牧人牧師