ここには主イエスのなさった一つの典型的な奇跡物語があります。生まれつき難病を抱えていた男の子の病をいやされるのです。けれども、マルコによる福音書はただ主イエスは不思議な力をもっておられ、すばらしい奇跡をなさったのだということを書いているのではありません。途中に「なんと信仰のない時代なのか」という主イエスの嘆きがあり、「信じます。信仰のないわたしをお助けください」という父親の叫びがあります。福音書がここで語っていることは、信仰に生きるとはどういうことかということです。そのことが、弟子たちの不信仰を通し、病に苦しむ子どもをもつ父親に与えられた信仰を通して、語られているのです。
 主イエスと3人の弟子たちが山から降りてくると、ふもとでは何やら騒ぎが起こっていました。難病を抱えた息子を主イエスの弟子たちのところに連れてきた人があったのですが、弟子たちはどうすることもできず、そのことで弟子たちを批判する律法学者と議論になり、それを囲んで群集が騒いでいたのでした。弟子たちは一生懸命に関わろうとしたのでしょう。少し前に、主イエスに遣わされて町や村に出かけていったときには、悪霊を追い出す力を授けられていたのです。ところが、このたびはどうすることもできなかったのです。人々が騒げば騒ぐほど、彼らはあわて、あせり、自分たちの無力さを痛感していったのでした。
 何が問題だったのでしょうか。主イエスは来て、弟子たちに「なんと無能なのだ」となじられたのではなく、「なんと信仰のない時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか」と言われます。彼らの無能力を問題にされたのではなく、その不信仰を問題にされたのです。そして、後からひそかに尋ねた弟子たちの質問に「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と言われました。弟子たちも祈っていたに違いありません。けれども、彼らの信仰と祈りは形骸化していたのです。神を見上げ、主イエスを見つめるのではなく、自分の経験や能力、自分ができるとかできないというところに固執していたのです。
 「その子をわたしのところに連れて来なさい」と主イエスは言われる。ところが人々が連れてくると、その子は地面に倒れ、転び回って泡を吹いたとあります。霊は主イエスの前でその力を誇示し、自らの支配を確証しようとしたようです。悪霊とは、当時の人々の言い方ですが、あらゆる意味で人を殺そうとする悪しき力のことです。これに対して神の力とは、人の滅びるのをよしとせず、これを生かそうとする愛の力です。主イエスが立たれるとき、そこに悪しき霊との間に人を生かすか殺すかをめぐる激しい闘いが起こります。
 病歴を尋ねる主イエスに、父親はその不幸な過去を語りつつ、「おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください」と訴える。もしできますならば、という言葉を挟んだ父親の気持ちはよく分かります。息子のためにありとあらゆることを試みてきたのですが、期待しては裏切られてきたのでした。主イエスの弟子たちも無理だったのです。今度もうまくいかないかもしれない。もしダメでも絶望しないでおこう、そうした思いがこんな言葉遣いとなったのではないでしょうか。
 けれども、このように控えめに保留するような態度は信仰ではありません。神に対する全面的な信頼を捨てるものでしかないからです。だから、主イエスはそれを直ちに聞きとがめて、「『できれば』というのか。信じる者には何でもできる」と言われたのです。これは、彼の不信仰を鋭く抉り出す言葉ですが、同時に彼を力強く信仰へ促し励ます言葉でもありました。 
 主イエスの言葉に接して、父親は即座に叫びます、「信じます。信仰のないわたしをお助けください」。何か取り澄ました答えではないし、考え抜いた回答でもありません。咄嗟に口をついて出た言葉です。しかし、実に正直な言葉であり、信仰というものの本質をよく表している言葉ではないでしょうか。とても誠実な信仰告白です。言葉の上では矛盾しています。信じますと言いながら、信じていない自分と言っているからです。けれども、私たちは誰しも神にすべてを信頼し委ねきることのできない「不信仰なわたし」を抱えています。その「不信仰なわたし」に固執して、自分のうちに閉じ篭るところからは何も始まらないのです。大事なことは「不信仰なわたし」を丸ごと、主イエスの方に、神の力の中に投げだすことです。信じるとは自分の外に出ることです。自分の可能性の外に出て、不可能を可能とする神の力にすべてを委ねるのです。ここに信仰への飛躍があります。それは無謀な冒険ではありません。主イエスが招いてくださっているからです。
 このあと主イエスがなさった癒しは、死んでしまったと思われる状態からその子の手をとって起こし、立ち上がらせるものでした。この「立ち上がる」という語は「復活する」という言葉です。死んで葬られた主イエスを父なる神がよみがえらせたように、その父なる神と同じことを、主イエスがその子にして見せてごらんになるのです。主イエスは一人の難病に苦しむ子どものために、ご自身の十字架の死と復活の命をもって関わり、立ち向かわれたのです。同じことを、主イエス・キリストは私たち一人一人にしてくださらないはずはありません。
私たちの罪と死に勝利してくださった方がおられます。私たちの信仰を責任をもって完成してくださる方がおられます。「信じます、信仰のない私たちをお助けください」。
 

 2011年8月7日(日) 礼拝の礼拝説教(要旨)

 聖書 マルコによる福音書9章14〜29 節
 「信仰への飛躍」 高松牧人牧師