鶴見教会とは

日本キリスト教会 鶴見教会は、1934年に建設された、長い歴史を持つ教会です。
横浜市鶴見区の山側に位置して駅から歩いて5、6分。
商店街を抜けると、 静かな住宅地の一角にある、白い教会堂の屋根の上の大きな十字架が目印です。


概要
 ・鶴見教会が属しています日本キリスト教会(略して日キ)は、全国にある137の教会から構成されています。
 ・会員の数は現在約三百名です。日キで一番会員数が多いのは北海道にある札幌北一条教会で、鶴見教会は 5番目に会員が多い教会です。
 ・主日の礼拝は約120名の出席者で守られます。
 ・現在の牧師は高松牧人牧師です。鶴見教会の牧会と同時に、日本キリスト教会の神学校で「旧約学」を教授 しています。
組織
 ・鶴見教会は長老制をとっています。それは神のみ旨を実現するための組織です。
  長老制とは、各教会ごとに牧師と長老から構成される「小会」、牧師・教師および小会から選出された 長老によって構成される「中会」(地域ごとにつくられ日キの場合は4中会)、全国規模で構成される「大会」 を組織し、それぞれが正しく権能をもって機能することによって、教会の秩序を維持するための制度です。
 ・「小会」は牧師と長老(毎年1月に開かれる定期総会で選ばれる)による会議ですが、そこに執事も加わり、 教会に関わるあらゆる事項を協議して決めています。
定期集会
 ・主日礼拝: 毎週日曜日 午前10時30分〜11時45分
 ・日曜学校: 毎週日曜日 午前9時00分〜10時00分
 ・聖書研究・祈祷会: 毎週水曜日 午後7時30分〜8時30分
 ・壮年会、婦人会、青年会、からし種の会:
          毎月1回  礼拝後
鶴見教会が保持し課題としていること
 ・教会は、わたしたち人間の思想や趣味を中心とした交わりではありません。なによりも、神によって集められた、 救い主であるイエス・キリストを中心とした交わりです。ですから、教会は文化的な団体ではなく、神との交わり という縦軸と人間同士の交わりという横軸とを大切にしている共同体ということができます。
 ・真実な信仰の一致を重んじる教会として、聖書と信仰告白を大切にしている教会です。
 ・礼拝を重んじる教会として、日曜日の礼拝を厳守することを基本としています。礼拝が、信仰生活の生命線 であり、生活の出発点であると理解しているからです。
 ・神との対話である祈りを重んじる教会であり、毎日の個人の生活における祈りと教会での公同の祈祷会を大切 にしています。祈りは信仰者の呼吸であるとも言われています。
 ・教会は自主独立を重んじ、信仰の自由と独立を守らなくてはなりません。そのためにも政治的な権力からの 独立、また、経済的な自立を保持することが求められています。
 ・教会の使命は伝道の働きです。この時代の中で福音を証し、神の支配と救いを宣べ伝えることが、教会に 対して神から与えられた大きな使命です。